支払い方法

クレジットカードとデビットカードとの違い

デビットカードは、聞いたことあると思います。
では、どの様なカードなのか知らない方が多いと思います。
デビットカードとクレジットカードは、どの様に違うのでしょうか。
デビットカードは、銀行のキャッシュカードになります。

銀行のキャッシュカードを持っている方は、デビットカードを持っていることになります。
デビットカードを使うと現金で、支払いをしないで、デビットカードで支払いを行う事が出来ます。
そして、銀行口座から引き落としが行われます。
レジで、精算する時に近くにATMがない時ではデビットカードで支払いを行う事が出来ます。

また、現金を持っていない時でも支払いを行う事が出来るので、助かると思います。
そして、精算が終わるとすぐに銀行口座から金額分だけすぐに引き落とされます。
ここがクレジットカードとデビットカードの違いになると思います。
クレジットカードの場合は、立替が発生します。
その結果、クレジットカードは、後払いになる事になります。

そこがデビットカードとクレジットカードの違いになります。
以外とデビットカードが使える店は、結構あります。
しかし、まだ普及はあまりしていないので店によって扱っていない事もありますので、注意してください。


このページの先頭へ