支払い方法

クレジットカード会社の補償について

クレジットカードをもし、盗難や紛失してしまうと大変な事になります。
そうならないように各カード会社は、補償を設けています。
その補償内容では、適用されないケースもあります。

故意にカードを貸したり、暗証番号を教えたりするとそのカード会社が定める補償が効かない場合があります。
なので、そういう場合は、補償が効かないことは、あらかじめご理解してください。
では、もし盗難や紛失した時には、すぐにカード会社に連絡を入れてください。
そして、カードを止めてカード会社の対応に従うようにしてください。

その後に警察に届を出すようにしてください。
そうでないと、大変な事につながります。
不正使用されて、しまう事があります

そのような事にならないようにクレジットカード会社の連絡を把握してください。
また、簡単な暗証番号になると、補償されないことがあります。
それは、カードの持ち主に問題があると言われています。
そうならないようにきちんと、わかりにくい暗証番号に設定するようにしてください。

このようにクレジットカードの補償は、限界があります。
そうならないように、きちんと自己管理をしっかりと行うようにしてください。
また、メモした暗証番号を財布の中に入れないようにしてください。


このページの先頭へ